So-net無料ブログ作成
*Copyright* With the exception of the film image of the products sold, the copyright of all images belong to ODASHIMA Eisaku. No part of this blog may be reproduced, without the prior written permission of the copyright owner. When you want to use image, please send message through comment space or Facebook.
前の1件 | -

1970年ごろ:ゴミ捨て場 [日本]

空き瓶-88.jpg
【1970年ごろ】(詳細不明)

▲イタリアの次に訪問したスペインのポジフィルムの整理がまだできていません。
しばらく間が空きそうなので,父が撮影して紙焼きで残っているものをアップします。
昭和の時代のモノクロフィルムも残っていますが,整理できそうにありません。
フィルムは劣化し,記憶も遠のいていきます。

☆地方の総合病院で勤務医をしていた父は,酒量が多く,アルコールを飲まない日は1日たりともなかったアルコール依存症の状態でした。
他にもいくつか持病がありました。
当時,幼少の私でも「医者が病気,って,ダメなんじゃないの?」という気持ちが大きかったものの,厳しい父に物言うこともできずにいました(怒って,すぐ怒鳴るひとでした。殴るといった物理的な暴力はありませんでした。)。

父自身は,アルコール依存症というその事実も「たいしたことではない」と他人に思わせたいのか,隠れてお酒を飲むことはなく,堂々と(!)大量に飲んでいました。

当時,幼少の私には何も事情はわかりませんでしたが,勤務中にも飲酒をしていたようです(たまに)。
さすがに,外来診療や入院患者の診療,手術前に飲酒はしなかったようですが,帰宅直前の空き時間には飲んでいたような…。
現在は勤務医の超過勤務が問題になっていますが,父は毎日夕方5時には帰宅していました。

写真は,空(から)になって廃棄されたガラスの点滴ボトルの山に,ウィスキーの空ビンを乗せて撮影したのでしょう。
「これ,わざと置いたんでしょ?」
と,配置のあざとさを父に突っ込んだとしたら
「当然だ。はっはっは。」
と応えたかもしれません(ちょっと…引きます)。

背景にある建物が昭和の時代の病院そのもので,あの,独特な匂いが思い起こされます。

〈了〉
前の1件 | -