So-net無料ブログ作成
*Copyright* With the exception of the film image of the products sold, the copyright of all images belong to ODASHIMA Eisaku. No part of this blog may be reproduced, without the prior written permission of the copyright owner. When you want to use image, please send message through comment space or Facebook.

ソ連:モスクワ市内観光01 [ソ連]

【1970年5月28日】
(画像のタイトル:◆マウントに手書きされた父の説明 ◇2行目は私が調べたこと)
☆情報がありましたらコメントをお願いいたします。

img111-88.jpg
◆経済博覧会
◇国民経済達成博覧会(2010年6月02日追記)

img112-88.jpg
◆クレムリン 第16回青共会議
◇(調査中)

img113-88.jpg
◆レストラン
◇クレムリン宮殿(2010年6月08日追記)
 ソ連より日本へ送られてきたハガキには「フルコースの料理がうまかった。生ザケのくん製がこんなにうまいとは思わなかった。」と書かれている。
 当時,スモーク・サーモンは日本では馴染みのない食物だったのか?

img114-88.jpg
◆クレムリン
◇トロイツカヤ塔出入り口?(2010年6月02日追記)

img115-88.jpg
◆クレムリン ブルーバート
◇(ブルーバード? 日本の自動車をモスクワで見て撮影したらしい)

img116-88.jpg
◆クレムリン-01
◇ワシーリー大聖堂(2010年5月30日修正)Khram Vasiliya Blazhennogo

img117-88.jpg
◆クレムリン-02
◇ワシーリー大聖堂(2010年5月30日修正)Khram Vasiliya Blazhennogo
☆モスクワからのハガキより〈抜粋)☆
…28日は,クレムリン宮殿,赤の広場等で,先づソビエトの概念を植え付けられる。こゝは充分安全をとるつもりです。何しろソビエト国営の旅行会社が,朝から夜寝る迄,ビッシリ予定(プログラム)を立ててくれます。当地の人間は,質素,素朴で才能と質・量共にすぐれた人間が社会的に上に立つ様です。
ロシア時代の美術と,現代を上手に組み合はして成立している様です。…

☆2010年5月30日 情報追加☆
友人より,[クレムリン-01],[クレムリン-02]について「ワジリー寺院」との情報をいただきました。
(日本語表記は,ワシーリー大聖堂,ワシリー寺院,聖ヴァシーリー大聖堂など種々あり)
感謝します。
Khram Vasiliya Blazhennogo

☆2010年6月02日 情報追加☆
[経済博覧会]→「国民経済達成博覧会」
[クレムリン](4枚目)→「トロイツカヤ塔出入り口?」

☆2010年6月08日 情報追加☆
[レストラン]→「クレムリン宮殿」
(情報提供してくださったKapibaraさんに感謝)

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

コメント 2

Kapibara

◆レストラン はクレムリン宮殿の事だと思います。
http://en.wikipedia.org/wiki/State_Historical_Museum

by Kapibara (2010-06-03 02:58) 

klee

Kapibaraさん,コメントくださりありがとうございます。

クレムリン宮殿を「レストラン」としているなんて,父のおおざっぱさが表れています。
クレムリン宮殿でスモーク・サーモンをいただいたわけでは無いのでしょうから,フルコースのお料理はホテルでの話なのでしょうね。

今後も至らぬ点などを指摘してください。

by klee (2010-06-08 19:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。