So-net無料ブログ作成
*Copyright* With the exception of the film image of the products sold, the copyright of all images belong to ODASHIMA Eisaku. No part of this blog may be reproduced, without the prior written permission of the copyright owner. When you want to use image, please send message through comment space or Facebook.

ソ連:モスクワ市内観光02 [ソ連]

【1970年5月28日】
28/May/1970
(画像のタイトル:◆マウントに手書きされた父の説明 ◇2行目は私が調べたこと)
☆情報がありましたらコメントをお願いいたします。

img121-88.jpg
◆赤の広場-01
◇グム百貨店(2010年5月30日追記)
GUM, Gosudarstvennyi universagonyi magazin

img122-88.jpg
◆赤の広場-02
◇クレムリン(2010年5月30日追記)

img120-88.jpg
◆赤の広場-03
◇クレムリン スパスカヤ塔(2010年6月01日追記)

img123-88.jpg
◆$ショップ モスクワホテル
◇団体旅行にもかかわらず,ソ連内で宿泊するホテルは旅程表に記載が無く,現地に到着してからモスクワのツアーコンダクターから宿泊するホテル(国営ホテル)を指示されたらしい。
ホテルのパンフレットなども残っておらず,ホテル名などは不明。
◇ロシヤホテル(2010年5月30日追記)
(遠方に見えるのはホテル キエフ?)

img118-88.jpg
◆クレムリン
◇(調査中)

☆2010年5月30日 情報追加
友人より,グム百貨店,ロシヤホテル(+ホテルキエフ)の情報をいただきました。
[赤の広場-01]は「グム百貨店」,[赤の広場-02]と[赤の広場-03]は「クレムリン」に修正となります。
父が「赤の広場」と表記していたのは,「赤の広場に行って撮影した」という程度のおおざっぱ過ぎる意味だったのでしょう。

☆2010年6月01日 情報追加
[赤の広場-03]→「クレムリン」は,「スパスカヤ塔」と思われます。

〈了〉
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。