So-net無料ブログ作成
検索選択
*Copyright* With the exception of the film image of the products sold, the copyright of all images belong to ODASHIMA Eisaku. No part of this blog may be reproduced, without the prior written permission of the copyright owner. When you want to use image, please send message through comment space or Facebook.

Rome:ローマ-08 [イタリア]

【1970年6月11日】
Thu. 11/June/1970
画像のタイトル:
◆マウントに手書きされた父の説明(+連番)
◇私が調べたこと

★カタコンベ(地下墓所。catacombe)を観光。
カタコンベのひとつ,ドミティッラ(アッピア街道)の画像です。

▼以下,5画像連続します。
img294-88.jpg
◆カタコウム入り口-01

img295-88.jpg
◆カタコウム入り口-02

img296-88.jpg
◆カタコウム入り口-03

img297-88.jpg
◆カタコウム入り口-04

img298-88.jpg
◆カタコウム入り口-05
◇DOMITILLA
☆カタコウムは英語表記(catacomb)の読み。
☆地下墓地に続く建物の周囲のようすです。
☆02の画像が,建物の外壁で,左側面に「DOMITILLA」の文字が見えます。
☆05の画像中,上部に「COEMETERIVM DOMITILLAE」の文字が見えます。
「COEMETERIVM」が「COEMETERIUM」の誤記(VとUの違い)なのか,は,不明です。


▼2画像連続
img299-88.jpg
◆カタコウム-06

img303-88.jpg
◆カタコウム-07
◇建物の内部。
☆内部は,当時も撮影禁止であったのか,あるいは暗いために撮影できなかったのか,不明。
内部のようすは,12枚のポジフィルムがセットになった販売品で確認できました(後日アップの予定)。

☆小学生当時,地下墓地という,日本には無い文化のうえに,墓地の周囲が庭園風に美しく管理されていることに驚いた記憶があります。
日本の墓地も,樹木が植えられていて,それなりに美しく管理されているのに,暗いイメージしかなかったのは,当時見ていたアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の影響かもしれません。

〈了〉

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント