So-net無料ブログ作成
検索選択
*Copyright* With the exception of the film image of the products sold, the copyright of all images belong to ODASHIMA Eisaku. No part of this blog may be reproduced, without the prior written permission of the copyright owner. When you want to use image, please send message through comment space or Facebook.

Pompei:ポンペイ-03(ポンペイ遺跡) [イタリア]

【1970年6月12日】
Fri. 12/June/1970
画像のタイトル:
◆マウントに手書きされた父の説明(+連番)
◇私が調べたこと

★1日かけて,ポンペイとナポリを観光。ポンペイ遺跡の画像,その2。
ポンペイ遺跡で,マリーナ門からForo(公共広場)周辺を歩いたようすです。

img323-88.jpg
◆ポンペイ 入り口
◇マリーナ門に入り,出るところ。
☆現在は駅からすぐにマリーナ門に行けるようですが,1970年当時はプリーニオ通り(Via Plinio)から入ったようです(前出の記事「Pompei:ポンペイ-02」を参照)。


▼以下,2画像はポンペイ遺跡のマリーナ門の付近と思われます。
img324-88.jpg

img325-88.jpg
◆ポンペイ遺跡 酒屋
◇(不明)
☆次の画像がBasilicaなので,マリーナ門とBasilicaの間で撮影したものと思われます。
地図上では,マリーナ通りの西側の構造物と思われます。
☆ポジのマウントに「酒屋」と書かれていますが,単純に,発掘された瓶(かめ)が置かれていただけなのかもしれません。少なくとも,私には酒屋には見えません。
現在は,盗難防止のためにこうした出土品を倉庫にまとめてあるようです。1970年当時は結構ゆるかったのでしょう(きれいすぎる壺や瓶なので,もしかしたら1970年当時もレプリカだったのかもしれません)。


img326-88.jpg

img328-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-01
◇バジリカ(Basilica)。バシリカとも言うようです。
☆マリーナ通りの南側。裁判,商取引などが行われたとか。


img329-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-02
◇Foroに入るところ?
☆次の画像の反対側から撮影したものと思われます。
☆父の撮影画像には,よく子供の姿が写り込んでいます。小学生だった私も「外国の子供って,どうしてこんなにかわいいのだろう」と驚きましたので,おとなである父も珍しがって撮影していたのかもしれません。


img330-88.jpg

img331-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-03
◇Foro内。北方向をのぞむ。奥はユピテル神殿(Tepio di Giove)正面。
☆1枚目の画像左側に見える,2階建ての柱群は,現在は最上部の横に渡してある部分が無くなっているようです。


img332-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-04
◇Foro内。南方向をのぞむ。
☆女性を撮影したのだと思われます。


img333-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-05
◇アッボンダンツァ通り(Via dell' Abbondanza)の始点。Foroの東側から東に延びる通り。
☆次の画像「ユマキア市場」の脇にあるようです。
3つの石は,現在では角も丸くなっていて,本当にこの場所なのか自信がありません。


img334-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-06
◇Foro内東にある,ユマキア(エウマキア)市場(Edificio di Eumachia)の柱。
☆この柱は現在とあまり変わらないようです。


img336-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-07
◇Foroから北西の街路? 石畳の凹み=轍(わだち)の痕跡。
☆かすかな記憶によると,父が「馬車の車輪で,石が凹んでしまうほど交通が激しかったんだ」と解説していたような…。
1970年当時の居住地域(東北の地方都市)では,バス通りが舗装されている以外,砂利道が多かったように記憶しています。それに比べて,大昔のイタリアの都市では石畳で舗装され,その石が凹むほどの交通量だったというのが,幼心に「すごいなぁ,外国って」と驚いたものでした。

☆インターネット上で閲覧できるポンペイ遺跡の画像の多くは,2000年以降の撮影のようで,1970年当時とかなり違うようです。
ポンペイが埋もれる以前の姿に修復していると思いたいのですが,1970年の手つかずの姿っぽい様相が観光向けに「きれいに」補修されているだけのような感じもします。
石積みの塀(へい)が,赤いきれいな煉瓦で積み直されているような場所も多く見られました。

☆引き続き,ポンペイ遺跡内の画像をアップしていきます。
〈了〉

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0