So-net無料ブログ作成
*Copyright* With the exception of the film image of the products sold, the copyright of all images belong to ODASHIMA Eisaku. No part of this blog may be reproduced, without the prior written permission of the copyright owner. When you want to use image, please send message through comment space or Facebook.

Pompei:ポンペイ-05(ポンペイ遺跡) [イタリア]

【1970年6月12日】
Fri. 12/June/1970
画像のタイトル:
◆マウントに手書きされた父の説明(+連番)
◇私が調べたこと

★1日かけて,ポンペイとナポリを観光。ポンペイ遺跡の画像,その4。
ポンペイ遺跡の散策,最後です。


img345-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-11
◇(場所不明)
☆たぶん,女性の後ろ姿を撮影したのだと思います。


img346-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-12
◇(場所不明)
☆特徴のある赤い煉瓦の壁なのですが,場所を特定できませんでした。現在は別の姿になっているのかもしれません。


img347-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-13
◇Foroからマリーナ門への帰路,西方向。
☆現在と少し様相が異なるようですが,おそらく,マリーナ門への道だと思われます。


▼以下,2画像はマリーナ門へ戻る途中の道と思われます。
img348-88.jpg

img349-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-14, -15
◇馬車止め(留め)の穴。
☆石自体に穴を開けて,何かをつなぐ,という様式に,父も当時の我々も驚いていたような記憶があります。
それほど珍しいものでも無さそうなのですが,1970年にはこういう情報もなかなか入手できない時代だったのでしょう。


img350-88.jpg
◆ポンペイ 遺跡-16
◇マリーナ門からジネストリ通りへ行く途中,東側の壁。
☆1986年発行のイタリア案内パンフレット*に掲載されているポンペイの地図で,「小博物館」とされている建物の土留めの壁。ここはストリートビューで確認できました。

※「いい旅する人のパートナー Handy World Map ROME - ITALY」(ザ・トラベル商会 1986年初版発行)
本ブログの記事「Pompei:ポンペイ-02」参照。

☆以上でポンペイ遺跡内の画像は終了です。
次はナポリに行ったようです。
〈了〉

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。