So-net無料ブログ作成
*Copyright* With the exception of the film image of the products sold, the copyright of all images belong to ODASHIMA Eisaku. No part of this blog may be reproduced, without the prior written permission of the copyright owner. When you want to use image, please send message through comment space or Facebook.
スイス ブログトップ
前の5件 | -

スイスのパンフレット03 [スイス]

【1970年6月07日】
7/June/1970
☆ベルンでの宿泊ホテル・Hotel Bellevue Palace(ホテル ベルビューパレス)のホテルカード(宿泊者用部屋番号案内カード)が,観光案内の小冊子になっています。
大きさは,縦11cm,横7.5cm。

_DSC3306-88.jpg
↑後ろの絵はがきが,14×9cmの大きさ。

☆本文は特色3色(黒,マゼンタ系,シアン系)の印刷で,その3色が効果的に使われたデザインとそこかしこの意匠がかわいらしく,印刷物作成時の参考になります。

☆父はこの小冊子が気に入ったのか,自分の部屋の分と,同ツアーの他のメンバーの部屋の分と,2冊ありました。3人兄弟の我々が欲しがったときにケンカしないように,という心遣いかもしれません。

◆以下,本文32ページ,表紙(表1〜表4)の全36ページを見開きでスキャンした中で,いくつかをアップします。

193-01-88.jpg
◇左:表4(裏表紙),右:表紙(表1)
表4は,Türlerという時計やさんのようですが,日本人向けに「チュルラー」というカタカナ表記もされています。
最初,「読み方を父が落書きしたのかな」と思ったのですが,しっかり印刷されています。

☆現在,Türlerのベルン店は無いようです(チューリッヒ店のみ)。Türlerのサイト情報によると,1908年にWerner Türler氏が ベルンのMarktgasse 29にショールームを開いたそうです。

↓Türler英語表示サイト
http://www.tuerler.ch/0en.php


193-02-88.jpg
◇真ん中の見開きページ(p.16-17)
ホテルの位置(真ん中あたりの赤い小さな●)を示した,ベルンのイラストマップ。


194-01-88.jpg
◇表2,本文1ページ目
表2はカラー印刷で,豪華な時計。CERTINAは現存する時計メーカーのようです。


194-02-88.jpg
◇本文2ページ目と3ページ目
左は,キャバレー,バー,ダンスホール…のある,CHIKITO(Neuengasse 28)というお店の広告。現在は同じ通りの違う番地(Neuengasse 17)にあるようです。
右ページは目次。


195-01-88.jpg
◇本文4ページ目と5ページ目
左は,ホテルやホールもある複合施設・Kursaal bernの広告。現存しているようです。
右は,時計店・ZIGERLI+IFFの広告。同じ場所(Spitalgasse 14)に現存しているようです。
右ページ上にある「Bern」の説明書きは,ドイツ語。


195-02-88.jpg
◇本文6ページ目と7ページ目
左は,レストラン3店の広告。イラストもロゴもかわいい。
右下も,レストラン・KORNHAUSKELLERの広告。同じ場所(Kornhausplatz 18)に現存しているようです。
右ページ上にある「Berne」の説明書きは,フランス語(たぶん)。


196-01-88.jpg
◇本文8ページ目と9ページ目
左は,陶器のメーカー・ローゼンタール(Rosen thal)を取り扱うお店でしょうか。現存していないようです。
右下は,電気ひげそり機(?)店・Electrasの広告。違う場所(Amthausgässchen 3)で,現在もシェーバーの他,コーヒーメーカーなどを販売しているようです。ロゴも1970年当時と同じものでした。すごい。
右ページ上にある「Berne」の説明書きは,英語。


197-02-88.jpg
◇本文14ページ目と15ページ目
左上は,カーアクセサリー(autozubehör)店の広告。現存していないようです。
左下は,1970年当時と同じ場所(Marktgasse 31)に現存するティールーム・Confiserie Meyerの広告。
右ページには,ドイツ語,フランス語,英語で,次ページ見開き(p.16-17)のイラストマップの解説と観光の見所。


198-01-88.jpg
◇本文18ページ目と19ページ目
左は,スイス銀行・Schweizerischer Bankvereinの広告。1998年に他銀行と合併して「UBS」銀行という名称になり,同じ場所(Bärenplatz 8)で,1970年当時と同じ建物で営業しているようです。
右は,スイスで使用されるコインの解説。


198-02-88.jpg
◇本文20ページ目と21ページ目
左は,テレフォンサービス案内(電話でこの番号をダイヤルすると教えてくれる…のかな)。
右は,カメラ店・FOTO Zumsteinの広告。1970年当時と同じ場所(Casinoplatz 8)で営業しているようです。


200-01-88.jpg
◇本文26ページ目と27ページ目
見開きで,上半分に各国大使館(領事館)の電話番号と,冊子中央見開きページ(p.16-17)のイラストマップ内の位置を示しています。
左下は,衣料品店?・mollenkof bernの広告のようですが,詳細不明。
右下は,おもちゃ屋さん・Franz Carl Weberの広告。現在も同じ場所(Marktgasse 52)で営業しているようです。


201-01-88.jpg
◇本文30ページ目と31ページ目
ベルン周辺にある観光地の案内ページのようです。
左上は,ベルンから28kmにあるホテル・Le Vieux Manoir(ル・ビュクス・マノイア)。歴史あるリゾートホテルのようです。
↓ホテルの公式サイト(英語表示ページ)
http://www.vieuxmanoir.ch/en/retreat.html

左下は,ベルン近くにあるTIERPARK(動物公園)と,NIEDERHORN(beatenbergにある山岳地帯の観光地)。
右上は,高原の観光地のようなGURTEN-KULM(グルテン・クルム)のちょい案内。登山電車で行けるようです。
右下は,スキーやゴルフが楽しめるリゾート地・GSTAAD(グシュタート,グスタード)の案内。

それぞれ番号が振られており,右ページのイラストマップに対応する番号で位置が示されています。どの観光地も現存しています。


☆本ブログ内の,Hotel Bellevue Palace(ホテル ベルビューパレス)に関する記事は以下。

http://1970-photo-world.blog.so-net.ne.jp/2013-01-24
〈了〉

コメント(0) 

スイスのパンフレット02 [スイス]

【1970年6月06日】
6/June/1970
☆チューリッヒの銀行・Zürcher Kantonalbankで入手したと思われる,チューリッヒ中心部のマップです。
5つ折り+2つ折りで,表側にドイツ語,フランス語,英語,スペイン語でチューリッヒのみどころ案内,裏側にイラストマップが印刷されています。

☆Zürcher Kantonalbank
現在の住所は
Bahnhofstrasse 3, 8001 Zürich

パンフレットに表記の住所(1970年当時)は下記。
Bahnhofstrasse 9, 8001 Zürich

190-01-88.jpg

187-01-88.jpg

☆パンフレットの作成元関係事項を記します。

Text und Photo: Verkehrsverein Zürich
Lay-out: Franz Fässler VSG
Printed in Switzerland:
Art. Institut Orell Füssli AG, Zürich

(Franz Fässler氏は有名なデザイナーさんのようです。)

☆1970年の旅行当時の地元イラストマップがあったとは知らずに,ポジフィルムの撮影場所を確定すべく必死にGoogleのストリートビューを見ていました。この地図を見て,またチューリッヒの未解明部分をチェックします。

(2013年12月30日・追記)
☆Franz Fässler氏に関しては,インターネット上にも情報が少ないようです。
一番わかりやすい関連サイトを示します(英語)。

http://konstruktivedesign.blogspot.jp/2012/09/franz-fassler.html

〈了〉

コメント(0) 
共通テーマ:旅行

スイスのパンフレット01 [スイス]

【1970年6月07日】
7/June/1970
☆インターラーケンの時計店・BUCHERERで入手したと思われる,インターラーケン周辺のマップです。
5つ折り+2つ折りで,表側に時計の紹介,裏側にイラストマップが印刷されています。

☆BUCHERERは現在もインターラーケンに店舗があるようですが,1970年時点での住所は不明。このパンフレットには,店舗の住所が書かれていませんでした。
イラストマップと,ストリートビューなどから,現在と同じ店舗だったと思われます。

Bucherer‎
Höheweg 43
3800 Interlaken

店舗の後ろに,宿泊したかもしれないホテル・Grand Hotel Victoria-Jungfrauがあります。

img179-01-88.jpg

img179-00-88.jpg

☆この店で購入したものかどうか不明なのですが,スイスではROLEX(oyster perpetual datejust)のペア腕時計を購入しています。父自身のものと,母のものと。父の腕時計のモデルナンバーは,1601。
ステンレスとK18のツートンカラーが派手に感じられたし(金のみ,というのがもっと派手かな),子供心に「私の趣味じゃないな」と感じていました。

☆ROLEXの時計の購入価格は,日本への入国時書類に「72,160円 61,600円」と書かれていました。高い方が男性用で,安い価格の方は女性用なのだと思います。
スイスフランでの購入価格は,2つ合計の「1672 SFr」とのみ書かれていました。レートは,1SFr=80円で計算したようです。
1970年のレートは,1SFr=80〜90円だったそうです(インターネット上の過去のレート情報による)。

☆この,重たいロレックス・オイスター(…なんちゃらかんちゃら…)は,現在も兄が使っています(ちょっとベルトが伸びているけど,オーバーホールもした)。
母の遺品となったロレックスは,姉が所有しています。
30年ほど前なら,ベルト部分の部品(gold部分もステンレス部分も,つなぎ目の部品も)は全て交換可能でしたが,さすがに今は部品が無いので日本ロレックスでも修理をしてくれませんでした。
〈了〉

コメント(0) 

Zürich:チューリッヒ-06 [スイス]

【1970年6月08日】
Mon. 8/June/1970
画像のタイトル:◆マウントに手書きされた父の説明(+連番) ◇私が調べたこと
☆写真の内容に関して情報がありましたらコメントをお願いいたします。

☆チューリッヒ市内観光をした様子です。チューリッヒ湖畔での撮影らしいのですが,場所の特定はできませんでした。
☆チューリッヒ湖にあるフェリー乗り場兼レストラン・Enge Seerestaurant周辺のヨットハーバーを候補としています。


img170-88.jpg
◆チューリッヒ-01
◇チューリッヒ湖のどこか…。
☆湖畔周辺の遊歩道でしょうか。現在は噴水(jet d'eau)のある堤防付きヨットハーバーのあたりかもしれません。


img174-88.jpg
◆チューリッヒ-02
◇チューリッヒ湖のどこか…。
同じような画像が数枚あり,どれも水着の女性を連写した感じなので,代表的な1枚だけをアップします。
1970年の日本では,こういうビキニ姿は芸能人以外にはほとんどあり得なかったのだと思います。
☆背景,対岸のビルのひとつに「BANKVEREIN urban」という文字が見えますが,調査しきれませんでした。言葉の意味は「都市銀行協会?」。


img177-88.jpg
◆ベルン-03
◇チューリッヒ湖のどこか…。
マウントに「ベルン」という書き込みがありますが,チューリッヒでした。

☆ガラスの映り込みもないので,おそらく散歩で撮影したものだと思われます。
〈了〉

コメント(0) 

Zürich:チューリッヒ-05 [スイス]

【1970年6月08日】
Mon. 8/June/1970
画像のタイトル:◆マウントに手書きされた父の説明(+連番) ◇私が調べたこと
☆写真の内容に関して情報がありましたらコメントをお願いいたします。

☆バスでチューリッヒ市内観光をした様子です。建物自体が現存しているものが多く,ストリートビューで確認できました。


img162-88.jpg
◆チューリッヒ-01
◇おそらく,チューリッヒ大学関連施設。同じ敷地内に,Bibliothek für Betriebswirtschaft(経済学部図書館?)があります。
建物は,GloriastrasseとFreiestrasseの角にあります。


img163-88.jpg
◆チューリッヒ-02
◇チューリッヒ工科大学:ETHの図書館か,本館,らしい建物です。
Rämistrasse 101, 8006 Zürich


img164-88.jpg
◆チューリッヒ-デパート
◇Globus(グローバス)という老舗デパートのようです。数店舗あるうちの,バーンホフ通り(Bahnhofstrasse)店のようです。

http://www.globus.ch/en/locations/zuerich-bahnhofstrasse.html


img165-88.jpg
◆チューリッヒ-デパート
◇Globus, Bahnhofstrasse(グローバスバーンホフ通り)店。
LöwenstrasseのLöwenplatz(レーベンプラッツ)前に現存しています。駅をはさんで,撮影したようです。
☆赤いプルオーバーと白いミニスカート,さらに赤いソックスと白いサンダルがかわいい女性。ショートヘアもお似合い。


img166-88.jpg
◆チューリッヒ-03
◇宿泊したホテル・Glockenhof前のSihlstrasseを西方向へ歩いて,Nüschelerstrasseとの交差点・北東側にある建物のようです。
現在は,ビル名がHANDELSHOF(ハンデルスさん?),お店はzero7という衣料品店となっています。
看板は「KLEIDER-A...」(ドレス…)なので,もしかしたら老舗衣料品店なのかもしれません。


img167-88.jpg
◆チューリッヒ-04
◇Bank leuのビルのようです(見にくいけど,文字看板あり)。
Bank leuは,1990年からCredit Suisseの子会社となったようです。現在,この建物の看板はCredit Suisseとなっています。
場所は,Bahnhofstrasse 32


img168-88.jpg
◆チューリッヒ-05
◇Savoy Hotel周辺。
BahnhofstrasseとPoststrasseの交差する場所のようです。
建物自体はほとんど現存しているようですが,ホテル以外のお店は様変わりしています。
前に見える建物に,「EAU DE COLOGNE 4711」や「SIEMENS」の看板文字が見えています。
他に,RENTENANSTALT(年金制度),LEBENSVERSICHERUNGEN(生命保険)という文字も。


img169-88.jpg
◆チューリッヒ-06
◇前の画像と同じ場所ですが,SAVOY HOTEL側から反対側のPradeplatz(パラーデプラッツ駅)方向を撮影しているようです。
左の角にある建物はチョコレートやさん(?)のようですが,この建物は現存していないようです。

☆Globusデパート前の女性にしても,チョコレートやさんの前の若い母親と息子にしても,40年前なのにとても素敵です。

☆最初の2画像(チューリッヒ工科大学,チューリッヒ大学関係施設)はガラスの映り込みがあるので,観光バスからの撮影だと思われますが,Globusデパート以降の画像は,ホテルから歩いてうろつきながらの撮影かもしれません。
〈了〉

コメント(0) 
前の5件 | - スイス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。