So-net無料ブログ作成
*Copyright* With the exception of the film image of the products sold, the copyright of all images belong to ODASHIMA Eisaku. No part of this blog may be reproduced, without the prior written permission of the copyright owner. When you want to use image, please send message through comment space or Facebook.
西ドイツ ブログトップ
前の5件 | -

ミュンヘンのおみやげ [西ドイツ]

【1970年6月04〜06日】
4-6/June/1970

☆西ドイツ(ミュンヘン)で購入したと思われるポジフィルムです。
紙マウントに記載された内容を併記します。
※ウムラウト表記があります。文字化けする場合はブラウザーの表示文字コード(テキストエンコーディング)をEUC(日本語)などにしてみてください。

☆ポジフィルムに記載されている「Hofbräuhaus」(ホフブロイハウス。ビアホール)は現存しているようです。


img014-88.jpg
◆Hofbräuhaus
Trinkstube
Drinking - room
Buvette
(S3502)


img015-88.jpg
◆Hofbräuhaus
Festsaal
Banqueting hall
La salle des fêtes
(S3503)


img016-88.jpg
◆Hofbräuhaus
Schwemmme
Brewery
Buvette historique
(S 3504)

☆有名なビアホール「Hofbräuhaus」にも行ったのでしょうか。
ご多分にもれず,父はビール(アルコール)をたくさん飲む人種でしたから,記念にポジフィルムを買ったのでしょう。
あるいは,撮影禁止だったのかもしれません(詳細不明)。

コメント(0) 

Munich:ミュンヘン05:スイスへ移動 [西ドイツ]

【1970年6月06日】
6/June/1970
(画像のタイトル:◆マウントに手書きされた父の説明 ◇私が調べたこと)
☆写真の内容に関して情報がありましたらコメントをお願いいたします。


img263-88.jpg
◆ミュンヘン ホテル脇-01
◇(調査中)
宿泊した「Hotel REGINA PALAST(レギナ・パレス ホテル)」の周辺?


img264-88.jpg
◆ミュンヘン 町角
◇(上の画像,ホテル脇-01と同じ場所のようです)


img265-88.jpg
◆ミュンヘン→スイス
◇この河川は,Lech(レヒ)川だと思われます。
移動の機上からの撮影でありましょう。


img266-88.jpg
◆ミュンヘン空
◇(調査中)
☆2012年11月23日 追記☆
★Bodensee(ボーデン湖)周辺のようです。ドイツとスイスの境界線もこのあたりで,おおよそ,ボーデン湖の上(南側)がスイス,下(北側)がドイツになるようです。
※画像の下が北,上が南,右が西,左が東になります。

画像左に見えるボーデン湖から右方向(西)に細くなっている部分はさらに流れてライン川となるようです。
湖が細くくびれている部分に架かっている橋が"Stemenplatz",
橋の北側(画像データでは下側)にKonstanz(コンスタンツ)の町並みが見えます。
地図で確認したところ,"Stemenplatz"橋を北から南に渡った一角にある市街地もまだドイツのコンスタンツのようです。
南側(橋の上側)の,この市街地以外がスイス,ということです。

画像の右方向(西方向)に扇状地のように広がっている部分がよくわからなかったのですが,複雑な形をしているボーデン湖の一部で,砂洲のように見えている部分を"Triboldingerbohl"(トリボルディンガーボール)というようです。
(別記事「Alps-02」にてコメントでご教示くださった 渡邉裕一さまのおかげで場所を特定できました。ありがとうございます。)

〈了〉

コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Munich:ミュンヘン04 [西ドイツ]

【1970年6月05日】
5/June/1970
(画像のタイトル:◆マウントに手書きされた父の説明+連番 ◇私が調べたこと)
☆写真の内容に関して情報がありましたらコメントをお願いいたします。

☆ハーラヒンク病院訪問のあと,市内観光をしたようです。

img247-88.jpg
◆ミュンヘン街角-01
◇(当時日本ではお目にかかれなかった豪華な馬車に感激していた父だった…という記憶があります)


img258-88.jpg
◆ミュンヘン街角-02
◇(広い道路とかわいいビートル)


img259-88.jpg
◆ミュンヘン街角-03
◇(同じ場所が何度か撮影されています。当時の日本ではこういった花壇もほとんど見られませんでした)


img260-88.jpg
◆ミュンヘン街角-04
◇(路上のパーキングスペースも当時日本にはありませんでした。たぶん)


img261-88.jpg
◆ミュンヘン市時計-01
◇ミュンヘン市庁舎時計台


img262-88.jpg
◆ミュンヘン市時計-02
◇ミュンヘン市庁舎

☆欲を言えば,もっとミュンヘンの古い建造物などを撮影して来て欲しかったのですが,何しろ当時の日本では見られない近代的なシステムや街並み,文化にばかり目を奪われていたようです。
〈了〉


コメント(0) 

Munich:ミュンヘン03:ハーラヒンク病院 [西ドイツ]

【1970年6月05日】
5/June/1970
(画像のタイトル:◆マウントに手書きされた父の説明+連番付与 ◇私が調べたこと)
☆写真の内容に関して情報がありましたらコメントをお願いいたします。

☆午前中にハーラヒンク病院(現存)を訪問したようです。
"Krankenhaus Munchen-Harlaching"
Sanatoriumsplatz 2
81545 Munich, Germany


img248-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-01
◇(調査中)


img249-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-02
◇(調査中)


img250-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-03
◇(調査中)


img251-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-04
◇(調査中)


img252-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-05
◇(調査中)


img253-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-06 食堂
◇(調査中)


img254-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-07 食堂
◇(調査中)


img255-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-08
◇(調査中)
広い敷地と緑の芝生のある病院施設は,父のあこがれだったようです。


img256-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-09 リカバリー
◇(調査中)


img257-88.jpg
◆ハーラヒンク病院-10
◇(調査中)


☆1970年当時,父が勤務する公立総合病院の印象(小学校低学年の私が受けた)は,「暗い」「におう」「きれいじゃない」といったところです。
(しかし,嫌いなわけではなく,迷路のような大きな建物は魅力的でした)
それに比較して,ミュンヘンのこの病院は,明るく,食堂もデパート並に見えました。
父が勤務していた公立病院も,この数年後には新しい病棟を増築し,明るくなり,ちょっとイイ食堂もできました。

コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Munich:ミュンヘン02:オリンピック会場 [西ドイツ]

【1970年6月04日】
4/June/1970
(画像のタイトル:◆マウントに手書きされた父の説明 ◇私が調べたこと)
☆写真の内容に関して情報がありましたらコメントをお願いいたします。

img235-88.jpg
◆ミュンヘン市街-01
◇(調査中)


img236-88.jpg
◆ミュンヘン市街-02
◇(調査中)
マウントには「アパート」としか書かれていません。
日本でいうところの「ニュータウン」でしょうか。


img237-88.jpg
◆ミュンヘン オリンピックタワー -01
◇オリンピックタワーからみたオリンピック関連地域の工事前状態?
前の2画像もおそらくオリンピックタワーから撮影したものではないでしょうか。


img238-88.jpg
◆ミュンヘン オリンピックタワー -02
◇日本からの観光客の「モデルになってください」という要望を嫌がらずにうけてくれたドイツの女性に感謝。


img245-88.jpg
◆ミュンヘン オリンピック会場
◇Olympiastadion
建設途中の陸上競技場のようです。
作業しているひとびとが小さく見えていて,楽しい画像です。


img246-88.jpg
◆ミュンヘン オリンピックタワー
◇Olympiatum
展望部分だと思われます。
全体像は撮影されていませんでした。

☆1972年に開催されたミュンヘンオリンピック会場を建築中のときに訪れたようです。
市街地を一望している写真は,オリンピックタワーからの撮影なのかも知れません。
(オリンピックタワーは1970年当時,すでに完成していた,ということなのでしょう)
コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - 西ドイツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。